Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

blender

blenderで絶対使う操作方法を紹介「完全初心者向け」

投稿日:

Pocket

うもチャーさんです。

 

あなたはblenderで色々作りたいけど、

操作方法がよくわからなくて、

悩んでませんか?

 

この記事ではblenderで絶対使う各操作の

方法を書いています。

 

 

なのであなたがこの記事を読めば、

blenderで自由に操作しオブジェクトを自由に

変形させたり動かすことができるようになるでしょう。

 

ということで、blenderの操作方法がよくわからん、

という場合このまま下にスクロールして読んでみてください。

 

*ちなみにこの記事はmacでblender

使ってる人向けに書いてます。

 

スポンサードサーチ

blenderの操作方法一覧

 

この記事では色々なシーンに向けた

操作方法を書いてますので、

この見出しの上の見出し一覧を参考にしてください。

 

画面を360度動かしてオブジェクトをいろんな方向から見たい

 

画面を360度に動かすには、

 

マルチタッチトラックパッド

(*macのマウスがわりの指で操作する部分)を

二本指でスライドさせると、

 

画面が中心を軸に360度回転してくれます。

 

なので、正面だけでなく、

オブジェクトの側面をみたい時などに

二本指でスライドさせると良いでしょう。

 

 

ちなみにこれは上下左右動きまして、

オブジェクトの上をみたい場合は、

上にスライドさせると上がみれます。

 

画面をズームイン、ズームアウトしたい

 

で、次はオブジェクトをもっと

近くでみたい、ズームイン、ズームアウトしたい、

って時は、

 

controlキーを押しながら、

指二本で上下にスライドさせましょう。

 

ちなみに上にスライドさせると、ズームイン

下にスライドさせるとズームアウトです。

 

 

画面を平行移動させたい

 

次に、360度回転の移動でなくて、

そのまま平行移動したい時は、

shiftを押しながら指二本でスライドさせてみましょう。

 

平行移動の意味がわからない場合は、

一度shiftキーを押しながら、

スライドさせてみましょう。

 

すると意味がわかると思います。

 

オブジェクトを移動させたい

 

次にオブジェクトを掴んで移動させたい場合は、

blenderの画面左下に、モード選択があるので、

 

blenderモード選択

 

そこをオブジェクトモード(object mode)にした上で、

 

左クリックを押したままもう一本の指で、

スライドさせてみましょう。

 

 

マウスでいうとドラッグアンドドロップみたいな

動きです。

 

それをするとオブジェクト自体の位置をグリグリ

動かして変更することが可能です。

 

オブジェクトの形を変形させたい

 

次に、オブジェクトの形を変形させたい場合ですが、

その場合は、先ほどのblender画面左下にある、

モード選択をエディットモード(edit mode)に変更しましょう。

 

blenderモード選択

 

そしてオブジェクトの変形させたい部分で、

右クリックを押したあと、キーボードのgを

押しましょう。

 

そしてその後、指をトラックパッドの上で

動かしてみましょう。

 

 

すると、オブジェクトの形を伸ばしたり、

変形させることができます。

 

で気に入る場所まで持ってきたら、

左クリックを押しましょう。

 

するとオブジェクトの変形が確定されます。

 

オブジェクト変形の際に一方向だけに伸ばしたい

 

でこのgキーを押してオブジェクトの形を

変形ですが、いろんな方向に動いてやりにくい、

どこか一方向だけに伸ばしたい、という場合があります。

 

その時は、x,y,zどれかを押しながら、

オブジェクトを変形させてみましょう。

 

 

このx,y,zはそれぞれ軸のことを表してまして、

例えばzキーを押しながらオブジェクト変形させると、

z方向にしかオブジェクトが伸びなくなります。

 

なので一方向に伸びかたが固定されるので、

やりやすいですよ。

 

で、y、もxもそれぞれx軸方向、

y軸方向に伸びるという意味なので、

使ってみてください。

 

 

新しいオブジェクトを生成したい

 

また新しく、オブジェクトを出したい場合は、

画面左端にあるcreateというタブをクリックし、

 

blender create

 

plane,cubeなどと並んでる一覧から好きなのをクリックしましょう。

 

するともともと用意してあるオブジェクトが

画面中央に表示されます。

 

使わないオブジェクトを消したい

 

でオブジェクトですが消したい場合もあると

思います。

 

画面に表示されてるオブジェクトを

消したい場合は、画面右上を見てください。

 

するとそこに現在存在してるオブジェクトが並んでます。

で、例えばcubeを消したい場合、

cubeの上にカーソルを持ってきましょう。

 

 

そしてその上で右クリックしましょう。

すると出てくるウィンドウの中にdeleteとあるので、

そこをクリックすれば選んでるオブジェクトを消せます。

 

 

でだいたい上記のことを知っていれば、

blenderを使って、視点を自由に操作しながら、

オブジェクトの形を変形させ、

 

自由に物を作れますので、ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

はい、それではまとめに入ります。

 

blenderでは操作方法が

色々ショートカットのような形で、

用意されてるので、

 

上記を参考にしながら操作をして、

指で覚えてしまいましょう。

 

 

ということで、早速上記の内容を参考にしながら、

あなたの好きなようにblenderでオブジェクトを作って

みてください。

 

それでは、読んでもらってありがとうございました。

 

チャーさん

-blender

スポンサードサーチ

関連記事

no image

blenderで作ったモデルをunityにインポートする方法「簡単です」

どうも、チャーさんです。   あなたはblenderで作ったものを、 unityで表示(インポート)したいと、 思っていませんか?   この記事では、あなたが作ったblenderの …

最新記事

チャーさん

プログラミング・筋トレ・unity系の記事などを書いてます。

大学卒業後→開業→個人事業主7年目ぐらいです。webサイト制作したり、unityでゲーム開発しております。

youtubeもやってまして、主にプログラミング動画とかunity系の動画をあげてるので見てください。