エンジニア

エンジニアにポートフォリオは必要かどうかと、作り方を紹介

投稿日:

Pocket

うも、チャーさんです。

 

あなたはエンジニアにポートフォリオは、

必要か?と気になっていませんか。

 

またポートフォリオはどうやって作ったらいいの?

とも疑問に思ってませんか?

 

この記事では、エンジニアにとって、

ポートフォリオは必要なのか、

またどうやってポートフォリオを作るのか。

 

そこに回答する記事です。

なので、あなたがこの記事を読めば、

エンジニアにとってポートフォリオが必要なのか、

そしてどうやって作ったらいいのか。

 

それがわかるようになります。

 

なので、あなたがエンジニアに、

ポートフォリオが必要か気になってたり、

作り方を知りたい場合、このまま読んでください。

 

スポンサードサーチ

エンジニアにポートフォリオは必要か?

 

で、まず結論ですが、

エンジニアにポートフォリオは必要です。

 

間違いなく必要なので、

絶対に作っておいた方が良いです。

 

エンジニアにポートフォリオが必要な理由

 

その理由なのですが、

 

仕事を受注できるようになるからです。

逆に言えば、ポートフォリオがないと、

仕事の受注が難しくなるからです。

 

 

例えば、あなたがエンジニアの仕事を受注したい、

就職したいとします。

 

で、企業側としては、

エンジニアを雇うからには、

ちゃんとスキルのある人を雇いたいと思っています。

 

 

で、じゃあいざ面接ってなった時ですが、

あなたのスキルを証明するのが、

ポートフォリオだからです。

 

なぜならば、仮に面接の場でいくら、

「この言語ができます」、

プログラミングできます。

 

と言ったとしても、口だけならいくらでも言えるため、

企業側としては、あなたのスキルを判断できないわけです。

 

 

そして、スキルを判断できない場合、

「雇うの、やめとこうかな、、、」

と思われかねわけです。

 

 

ですが、ポートフォリオがあれば、

実際にあなたのスキルを見せることができます。

 

ポートフォリオを見せることで、

あなたのエンジニアとしてのスキルは、

このぐらいですよ!

 

というのを具体的に証明できるわけです。

 

 

なので、企業側からみて、

ポートフォリオはあなたのエンジニアスキルを、

判断するための重要指標です。

 

そして、あなたを雇うかどうかを決める、

判断に使うわけです。

 

というわけで、あなたがエンジニアとして、

仕事をとりたい、就職したいと思っているなら、

絶対にポートフォリオを作った方がいいのです。

 

スポンサードサーチ

エンジニアがポートフォリオを作る手順

 

というわけで、エンジニアとして、

ポートフォリオの重要性、必要性は伝わったと思います。

 

なので、ここからは、

ポートフォリオの作り方について、

お話しします。

 

関わりたい仕事を決める

 

まずエンジニアがポートフォリオを、

作るには、あなたがエンジニアとして、

どんな仕事をしたいかが重要です。

 

なぜなら、それを決めることで、

仕事受注に適した、ポートフォリオを、

制作することができるからです。

 

 

例えば、ゲームを作る仕事をしたいと、

思ったとします。

 

そんな時に、あなたのスキルを証明するために、

どんなポートフォリオを作るべきか?

が決まりますよね。

 

このケースの場合は、

もちろんゲームを自分で作って、

ポートフォリオとするわけです。

 

 

なので、ポートフォリオを作るなら、

まずはあなたがエンジニアとして、

どんな仕事をしたいかを決めると良いでしょう。

 

その仕事に関する言語の勉強をしましょう

 

で、次にあなたがしたい仕事を決めたら、

それに関係するスキル、言語を学びましょう。

 

理由は簡単で、スキルや言語の勉強がないと、

何も作れないので、ポートフォリオを作れないからです。

 

 

例えばゲーム系なら、

今有名なのはUnityです。

 

なのでUnityの勉強をすることで、

ポートフォリオ制作に進めますね。

 

ということで、仕事を決めたら、

その仕事で必要とされる言語や能力を勉強しましょう。

 

実際に制作物を作りましょう

 

そして次に、勉強したらその内容を使い、

あなた自身で制作物を作りましょう。

 

作るものは、その仕事で作るようなものや、

分からない場合、あなたが作りたいものでいいでしょう。

 

 

なぜなら、その仕事で作るようなものを、

あなたが制作してポートフォリオとして持っとけば、

企業の求めることと、あなたのスキルがマッチするからです。

 

要は相手が求めてるものを、

あなたが持ってます、というのを証明しやすいからですね。

 

なので、あなたがしたい仕事で、

作りそうなものを作るというのは1つ手法です。

 

 

その場合は、その仕事内容のサイトを調べたりして、

制作物の情報を集めてみましょう。

 

また、何作ったらいいか分からない場合は、

あなたの作りたいものを作るといいです。

 

理由は、とにかく作らないとポートフォリオが、

できないからです。

 

 

なので、この場合どんなものでもいいので、

作ろうと思ったものを作ってみましょう。

 

そうすれば、仕事受注の際に、

あなたのスキルを見せるために、

ポートフォリオとして見せることができるので。

 

 

作りたいものを作るための方法としては、

妄想が大事です。

 

こんなのがあったらいいな、

とか、こんなアプリ欲しい、

みたいな感じで妄想することです。

 

例えば、ダンジョン系のゲーム作りたいなー、

みたいな感じでゲーム作ってみるのもありでしょう。

 

ポートフォリオを一箇所にまとめて保存しましょう

 

で、次のステップとして、

実際に制作したら、それを今度は一箇所に集め、

保存しときましょう。

 

具体的には、

 

ポートフォリオ用のサイトを作りそこに載せるとか、

全部グーグルドライブにアップしとくとか、

スクショをとりスマホにデータとしてとっておくとかです。

 

 

理由は、仕事の受注や面接で、

相手に見せる時にすぐに見せれるようにするためです。

 

ポートフォリオを作っても、

相手に見せる時に今までの制作物をすぐ出せなければ、

あなたのスキルを証明するのに不具合が生じます。

 

 

また、せっかく制作物を作っても、

保存して残しておかなければ、

あなたのスキル証明に使えません。

 

なので、制作物は、

全て一箇所に保存して、

すぐ見せれるようにしておきましょう。

 

 

制作時のコードも残しておきましょう

 

また、ポートフォリオを作った際、

コードのファイル(例htmlファイルとか)、

も一緒に残しておきましょう。

 

なぜなら、コードも実際にみられる可能性が、

あるからです。

 

 

実際僕も仕事の受注に動いてた時に、

コーディングしたファイルももらえますか?

と言われたことがあります。

 

なので作ったあとは捨ててしまわないで、

残しておきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

それではまとめに入ります。

 

エンジニアとしてポートフォリオは必要か?

ですが、仕事をとってくなら、絶対に必要です。

 

理由は、クライアント側が、

あなたに仕事を頼むかどうかを決めるのに、

ポートフォリオを使うからです。

 

 

なので、あなたがエンジニアとして、

働きたい、仕事を受注していきたいなら、

ポートフォリオは絶対に作りましょう。

 

作り方はこの記事のを参考にしてもらうと良いです。

 

さて、ポートフォリオの重要性が、

わかってもらえたと思うので、

早速ポートフォリオを準備しましょう。

 

 

それでは、読んでもらってありがとうございました。

 

チャーさん

 

-エンジニア


スポンサードサーチ

関連記事

関連記事はありませんでした

最新記事

チャーさん

プログラミング・筋トレ・unity系の記事などを書いてます。

大学卒業後→開業→個人事業主7年目ぐらいです。webサイト制作したり、unityでゲーム開発しております。

youtubeもやってまして、主にプログラミング動画とかunity系の動画をあげてるので見てください。